ここにお任せ!ロレックスオーバーホール修理サイ比較

信頼できるロレックスのオーバーホール修理サイト

こちらの比較サイトでは、ロレックスのオーバーホールの修理サイトを特長ごとに比較をしているサイトとなっています。各々の修理サイトごとに特長が異なってきますので、自分に合った修理業者を選ぶ際にはとても便利なサイトとなっています。

またここの比較サイトでは、ロレックスのオーバーホールに関する知識を惜しみなく掲載されています。修理サイトの比較だけでなく、為になる情報も沢山掲載されていますので、一度閲覧しておくとより信頼できる修理サイトを探せるようになります。

さらに、ロレックスのオーバーホールの修理サイトを選ぶ際のポイントなども詳細に掲載しています。このポイントを知っておくだけで、失敗なく選ぶことができるようになります。しっかりした修理サイトを選ぶには、ここの比較サイトを上手に活用して信頼できる修理サイトを探しましょう。

CIEN

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
掲載量 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

CIENでは、様々なブランドの時計の修理などを行っています。例えば、多くの人に人気のあるロレックスのオーバーホールなども行っています。この会社では、純正部品を使って修理をしてもらうことができますので、安心です。

また、オーバーホールを行う技術者がすべての作業を行う訳ではなく、仕上げ作業を行う専任の技術者がいますので、新品のようにキレイにしてもらうことができます。ですので、一生使い続けることができるのではないでしょうか。

この会社では、時計を使う人が一生その時計を大切に使い続けることができるように手伝いをすることをモットーとしています。ですので、安心して修理などを任せることができると考えられます。

リペスタ 

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★
利用満足度 ★★★★★
掲載量 ★★★
利用しやすさ ★★★
公式サイトはコチラ

ロレックスといえば高級時計の代表格。大切な時計の性能を保つためには、定期的なオーバーホールが欠かせません。ロレックスの専用パーツは、一般の時計店では入手しにくいので、正規店に依頼するケースが多くなります。その際、悩みの種となるのが高額なオーバーホール代金です。

腕時計のオーバーホール・修理専門店 「リペスタ」では、高い技術力のロレックス専門職人が、純正部品のみを使用して作業を担当。そのため、正規店よりもリーズナブルな料金で、オリジナル品質を維持することができます。

ロレックスのオーバーホール・修理代金は、同社のサイト利用によるキャンペーン価格なら、「手巻き」タイプが18000円(税別)から、「自動巻」で25000円(税別)から。ただし、時計の種類や状態、部品の交換状況によって異なるため、依頼品を確認したうえで見積りを連絡するシステムとなっています。見積りは無料で、万一キャンセルした場合でも、送料負担はありませんので安心です。

カナルクラブ

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用満足度 ★★★
掲載量 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

カナルクラブは、腕時計の修理やオーバーホール(分解清掃)を専門に行うオンラインサービスです。ロレックスをはじめとする高級腕時計を長く使い続けるためには、しっかりとしたメンテナンスを行う必要があります。そのために大切なのが定期的なオーバーホールです。カナルクラブでは、ロレックスに絶対的な自信を持つ高度な技術者が完全なオーバーホールを実現します。

カナルクラブでは、オーバーホールの過程で部品交換が必要となった際には出来る限り純正の部品を使用しています。そして、もし仮に製造中止などの理由で純正部品が手に入らない場合には、顧客の了解を得た上で特別に製作することも可能です。

カナルクラブでは基本料金を抑えているため、まず低価格でオーバーホールを行うが可能です。しかし、それだけでなく3年後が目安となる次回のオーバーホールを見据えて作業を行っています。そのため、大切な腕時計を長く使い続けることができるだけでなく、将来的に必要なメンテナンスの費用も抑えることが可能となります。

時計修理の匠工房

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用満足度 ★★★
掲載量 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

高級時計のオーバーホールとインターネットで検索すると、多くの業者が検索する事ができます。大切で高級な腕時計を預けるのに、怪しい会社にはお願いできません。その時に、オススメするのは時計修理の匠工房です。

特に高級腕時計として有名なロレックスに関しては、特にオススメします。その理由は交換部品は全てロレックスの純正部品を使用し、オーバーホールをしてくれる点にあります。安く請け負う企業では純正の部品を使わず、結果短期間での修理を再度依頼することもあります。

純正部品でのオーバーホールはとても安心です。また、光沢つや出し・防水検査(9000円相当)が無償サービスとしてやってくれています。出した時よりも、綺麗な状態で返ってきます。純正品使用し、無償サービスもあるのに関わらず、値段を比較するととても安い値段でしてもらえるの、オススメしたいです。

ロレックス修理専門店ウイン

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
掲載量 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

ロレックス修理専門店ウインは、ロレックスの修理専門店として高い実績を誇る会社です。サイトで見積もりができるだけでなく、時計を店舗へ送ることができるためお店まで足を運ぶ必要がないところも魅力的な要素です。

ロレックスなどの高級時計はオーバーホールを定期的に行うことで、長く利用することができます。ロレックス修理専門店ウインはロレックス専門の店舗のため、技術力も高くオーバーホールを安心して任せることができます。

時計が到着した後に、作業承諾の確認もあるため安心です。その場でキャンセルも可能になっているため、状況に応じてメンテナンスをするかを決められます。もちろん支払い方法も振り込みに対応しているため便利です。

時計修理専門店ウォッチレスキュー

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
掲載量 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

時計修理専門店ウォッチレスキューでは、ほぼ全ての時計を店頭で電池交換が可能です。また、オーバーホール(分解掃除)などの修理に関してもロレックス・オメガ・カルティエなど有名なブランドからその他のブランドまで、百貨店やブティックよりも低価格で行ってくれます。

電池交換や革ベルトの交換、時計のクリーニングにかかる時間は、10分から15分です。店舗内で待つこともできますし、近くのスーパーなどで買い物をした帰りに取りに行くこともできます。プレゼントされた物や通信販売で購入したものなど何処で修理やブレスレットの調整をしたらよいか分からない時計にも真摯に対応してくれます。

店舗には時計技能士検定の取得者が常勤しています。各スタッフとも時計職人(ウォッチメーカー)としてオーバーホールを中心に行ってきた方で、百貨店修理コーナーで数多くの電池交換の経験を積んだ方が対応してくれます。

ロレックスオーバーホールの手順

高級腕時計といわれて、まず頭に浮かぶのはロレックスだという人は多いでしょう。その特徴的で美しい外観と高い性能や品質は、人々の憧れを惹きつけてやみません。ロレックスの腕時計のムーブメントは、そのほとんどが現在主流となっているクオーツ式ではなく、昔ながらの機械式を採用して製造されています。
機械式とは、ぜんまいやねじなどの部品の働きを利用して時計を動かす仕組みです。クオーツ式と比べると、正確性ではどうしても劣ってしまうことは否めませんが、その耐久性つまり長く使い続けることができるという点では、大きく優れています。

ロレックスなどの高級腕時計はよく一生ものといわれますが、場合によっては私たち人間よりも長く動き続けることができます。しかし、それには機械であるムーブメントに対して、しっかりとメンテナンスを行う必要があります。
数多くの部品が複雑に絡み合う機械式の時計では、それぞれの部品が的確な働きを果たすことで時を刻みます。そこで最も大切になるのが定期的なオーバーホール、つまり分解清掃のことです。オーバーホールは、通常メーカーや専門の業者などに依頼して行われます。
オーバーホールの手順は、まず腕時計のすべての部品を完全に分解することから始まります。次に、超音波洗浄機などを使用して、時計の心臓部であるムーブメントの部品の汚れを完全に落とします。
その後、ひとつひとつの部品を詳細に検査し、必要がある場合は新しい部品との交換を行います。これらのすべてが済んだ後、ムーブメントは元の状態に組み立て直されることになります。

ムーブメントを再び組み立てる作業の過程では、同時に各部品に潤滑油をさしていきます。潤滑油には、それぞれの部品の性能や耐久性を高める効果があります。そして、組み立てが完了した後には、正確な時を刻むことができるようにムーブメントの調整を行います。
オーバーホールの中でも最も大切だといえるこの作業は、十分な時間をかけて慎重に行われていきます。こうして可能な限り新品に近い状態に甦った時計の心臓部分は、ボディやベルトに取り付けられることになります。
ボディやベルトももちろん丁寧に洗浄され、必要に応じて部品交換が行われています。こうして分解される前の姿に戻った腕時計ですが、最後に防水や巻き上げ、そして動作確認など再度のチェックが行われた後にオーナーのもとに届けられることになります。的確なオーバーホールがあってこそ、大切な腕時計は長く生き続けることができることになります。

ページトップへ