ここにお任せ!ロレックスオーバーホール修理サイ比較

トップ > オーバーホールとは > ロレックスでオーバーホールが必要とされる理由

ロレックスでオーバーホールが必要とされる理由

壊れた場合は修理を行いますが、オーバーホールは壊れる前に実施することが大切です。
特にロレックスなどの高級ブランドでは修理費用もかさみますので、オーバーホールの重要性が増してきます。
先ず故障する原因ですが、それには塗布された油の劣化や気化が挙げられます。
油は時間の経過によって劣化するため、粘土が失われたり、気化が進むことで潤滑機能が衰えてしまいます。
この状態になりますと、ギアなどの摩擦が激しくなり、ダストが余計に発生したり、そのダストが絡んでパーツを傷めるといった状況を引き起こします。
それを未然に防ぐためにも、オーバーホールが不可欠になっている訳です。
どれぐらいの間隔で行うかは個々の使用状況などで異なりますが、数年に一回は受けることが推奨されています。
また、油のほか、パッキンなどの劣化もありますので、長く使うためにも重要な作業となっています。



ロレックスのオーバーホールに保証書は必要か

大切なロレックスを長く使っていくためにはオーバーホールという作業が欠かせません。
オーバーホールとは時計を隅々まで分解して洗浄し、状態を良くする作業を指します。
この作業を行わなければだんだん経年劣化していき、後に大きく壊れてしまう可能性もあります。
正規代理店での購入した場合と国外や並行輸入品を購入すると保証書がついてきます。
保証書は本物であることを証明する大事な書類ですが、オーバーホールは保証書を同封しなくても依頼できます。
保証書があるからといって必ず本物だと認識しているわけではないからです。
依頼時にロレックス側が本物かどうか判断します。
なので、偽物なら受け付けてもらうことはできません。
これは正規店であっても民間の修理店であっても同様です。
所持しているロレックスが本物ならば手元に保証書がなくても依頼できるので安心してください。



ロレックスにオーバーホールの作業が必要な理由

ロレックスは精密に作られた複雑な高級時計です。
長く使っていると中の油や部品が劣化していき、精度が落ちてしまいます。
壊れたパーツを交換する場合はオーバーホールよりも高い料金がかかってしまいます。
状態を良いまま使っていくには、オーバーホールの作業が欠かせません。
これを怠ると時計自体の寿命を縮めてしまいます。
まず時計を分解して部品の状態を1つ1つ確認します。
そこで洗浄や研磨などを行って元の状態に戻します。
構造が複雑な時計ほど作業に長時間を要するので、どうしても価格が高くなってしまいます。
依頼は正規店か民間の時計修理店になります。
大変根気のいる作業なので依頼して手元に届くまでは最短でも1カ月ほどは見込みましょう。
高い価格を支払うのに躊躇する人もいるかもしれませんが、この作業があるとないとでは今後の使用に関わってきます。

次の記事へ

ページトップへ