ここにお任せ!ロレックスオーバーホール修理サイ比較

トップ > オーバーホールとは > ロレックスのオーバーホールは定期的に行いましょう

ロレックスのオーバーホールは定期的に行いましょう

 高級時計として人気の高いロレックスですが、長く使い続けるためには定期的なオーバーホールが必要です。依頼できる業者はそれほど多くありませんので、事前にインターネットでどこに依頼するかをチェックして、不具合が起きた場合にはすぐに頼んでください。
オーバーホールにかかる時間や料金に関してはインターネット上に詳しく掲載されていますので、その情報を参考にするのがオススメです。日本ロレックスにお願いすると少々高いので、オーバーホールを請け負っている業者の中から安い所を見つけるのがお得です。口コミ情報サイトなどを閲覧すると参考になる情報が数多く掲載されていますので、困った時には一度目を通してみてください。非常に精密で良い時計なので、大事に使うことはもちろん時々不具合が無いかどうかプロに確認してもらいましょう。


ロレックスの腕時計をオーバーホールに出そう

 末永く正確な時を刻むこともロレックスの魅力ですが、それには定期的なオーバーホールが必要です。快適に動作しておりましても、内部で注油されたオイルは経年劣化を起こしますから、一定間隔ごとに全て分解して、部品に付いた汚れや傷んだオイルを取り除き、フレッシュなオイルを注油しなければなりません。これを怠りますと、内部ではオイルの劣化と揮発が進みますので、潤滑能力が下がり、各部品の擦り減りが早まります。
部品が傷めば腕時計の寿命も短くなりますから、オーバーホールが大切になっている訳です。もしも複数の部品が破損しますと、修理費も高額になるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。また、使用環境により劣化具合いは変化しますので、ロレックスの腕時計が遅れたり進むことが増えた場合は、早めにオーバーホールを検討すると良いでしょう。


ロレックスを使い続けるにはオーバーホールが必要

 時計の中には、クオーツ時計と機械時計があることをご存知でしょうか。クオーツ時計は電池で動きますが、機械時計はぜんまいを巻くことで動いています。ロレックスも機械時計ですから、ぜんまいを動力源として動いています。クオーツ時計には電池交換が必要なように、機械時計にはオーバーホールが必要です。ロレックスを長く愛用するためには、定期的なオーバーホールが欠かせません。車にメンテナンスが必要なように、ロレックスもメンテナンスをしなければいつか不具合が発生します。
潤滑油の乾燥やゴムパッキンの劣化などにより、時計がどんどん遅れてしまうようになります。どれほど愛用している時計でも、いつの間にか遅れてしまう時計を使い続けるのは大変です。不具合の発生を防ぐため、オーバーホールでは各パーツを分解・洗浄し、もとのように組み立てます。この工程のなかで、摩耗したパーツを交換、注油、調整を施すため、いつまでも不具合なく使い続けることができます。

次の記事へ

ページトップへ